紹介:おすすめ錬金術ゲーム

錬金術といえば四大元素で火・水・風・大地ですね、古来より色々な地方で伝承に残る魔法だったり魔術などでも同様の要素がありますが、元のバックボーンが同じなので出所はすべて同じものです。より学術的な解釈が錬金術で、より習慣的あるいは実践的な手法・解釈が残ったものがヨーロッパなどで特に古来あるいは中世などから見られる魔法魔術です。どちらも似たようなものですが、錬金術のほうがより科学実験的に実践的だともい…

続きを読む

ハーブ・薬草関連のwiki作りませんか?

ハーブとは、植物のうち人間にとって有用なものすべてを指していう言葉なのですが、地球上の人間はどの地方でも大抵ハーブ、あるいは薬草を上手く利用して共存してきました。歴史上、ハーブあるいは薬草と人間の暮らしが切り離されたことはなかったかもしれません。現代の社会では、まるでハーブの存在になど気付かないとでもいうような風潮がどこかにあるのも確かです。しかし、それに騙されてはいけませんよ、ハーブや薬草から…

続きを読む

風・水、その他諸々を操る錬成陣・魔法陣(自ブログ転載)

風、水とはいわゆる火・大地などの四大元素というものですが、まず初めにこの世のほぼすべての要素は風・水を経由して存在している、ということを言っておかなければなりません。また、火や大地の要素も風・水を通じて生成・変成するので水と緑の惑星・地球とはよく言ったものですが、その文字通り風・水が、この地球上のこの世のすべてのものを形作っているのです。しかもそれは生命そのものを形作るのにほぼすべてにといってい…

続きを読む

錬金術の位置付けとその差分

錬金術wikiを作りませんか?というところのコメントの返事で書いたのでちょっとまとめておきますが、錬金術とは、そもそも物質の総量を変えずにモノを変成、形を変化させる技、です。変成とはモノとしての物質は変えてしまわずに形や性質を変えてしまうことを言いますが、早い話、人間にはモノを根本的に跡形もなく変えてしまうことはできない、のです。質量が保存されるかどうかは分かりませんが、そもそも化学的変化におい…

続きを読む

錬金術関連のwikiを作りませんか?

錬金術というと、現代の化学の前身だと思われる方も多いかもしれませんが、実は錬金術はちゃんと科学としての体系を備えたもの、あるいは使い方によってはどこまでも物質の力を引き出すことのできる、すべての基礎であり哲学だったりします。よく現代の科学を称賛するためか錬金術を〈時代遅れの遺物〉と称するメディアも多々見受けられますが、あれは大きな間違いです。錬金術こそ精神性と哲学、科学を一体化させたある種の科学…

続きを読む